読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の世界観を変えてみる

比較的簡単なHTMLでWebサイトを作ってみるのでその過程を綴っていいたいと思っています。

iPnone7plus買ったついでにLINE mobileに変えてみた

f:id:htmllifehack:20170209150911j:plain

ついにiPhone7 plus を買いました!
ちゃんとapple storeで買ったのでsimフリー端末です。
今までsoftbankを使っていたんですが毎月10,000円ほど支払っていたので更新月を機に変更です。
考えに考え抜いた結果LINE mobileにしました笑
まだ迷っているくらいたくさん候補がありました。
もう遅いんですけどね!

僕の使用状況

僕の今までの使用状況ですが、
・月のデータ使用量は2〜3GB
・電話はほぼしない
・ただ、音声通話は必要
・softbank契約で月の支払いは¥10,000ほど(端末分割代含めて)
・端末代の支払いが終わっても月の支払いは¥9,000ほど

以上のこと踏まえてベストであろうLINE mobileを選びました。
回線速度はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
MVNO格安SIMの速度比較 2月 IIJmio/mineo/楽天モバイル/FREETEL/OCN/BIGLOBE/DMM/UQ mobile他 | 格安スマホ回線研究所

LINE mobile の特徴

特徴は何と言ってもLINE、Twitter、Facebook、instagramのデータ通信量が月のデータ容量にカウントされないところです。
こういうサービスをカウントフリーといいます。

料金はこんな感じ

容量 データSIM 音声通話SIM
3GB 月額1,100円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
データ容量は繰越ができるので助かります。 他にもデータ容量3ヶ月間+3GBや初月利用料金無料だったりとか色々キャンペーンをしていますので興味があればサイトを確認してください。

事務手数料¥3,000が安くなる

LINE mobileにMNP転出する際、事務手数料として¥3,240が発生します。
Amazonでエントリーパックというものを購入すると事務手数料が無料になるんです。

まあ、これ¥990するので実際は無料ではないですよね。

かけ放題プランがないから心配

LINE mobileはかけ放題プランがありません。
なので普通に電話をかけると30秒ごとに20円発生することになります。
ただ、LINEにはLINE通話以外にLINE outという通話機能?アプリ?があります。

LINE out とは

LINE out とは割安な金額で普通の電話と同じように通話ができる機能です。
LINE out free という機能は1日5回まで、携帯宛てには1分間、固定電話宛てには3分間無料で通話ができます。
ただ使用するには広告を見ないといけないようです。

もう一つはクレジットで通話ができるLINE out です。
30日間分を一気に購入する30日プランと、チャージ式のコールクレジットという2種類あります。
30日プラン

     
30日プラン 固定・携帯120分 固定・携帯60分固定60分
金額 720円 390円120円
30日プランの場合、どこにかけるかによって購入する金額が変わります。
固定・携帯120分というのは120分まで話せますよってことです。
120分のだと1分あたり2円、60分のだと1分あたり6円の計算になります。
※120分使い切ってしまった場合、30日過ぎないと同じプランを購入することができないようです。この点だけ注意が必要ですね。

クレジット

クレジット 固定電話 携帯電話
金額 1分あたり3円 1分あたり14円
LINE out のサイトだと120円〜6,000円のクレジットを購入することができます。
LINEからだと240円のクレジットしかないようですね。
LINE - LINE Out

学生ならLINE通話でいいと思うんですよ。
ただ仕事で使うのにさすがにLINE通話じゃまずいですよね笑
「すみません、かけ放題じゃないんでLINEから失礼します」
なんて言えませんしね。

LINE out 使い方

LINE out ですがアプリではないためiTunesからインストールするわけではないんです。
LINEから開くことができるんですよ。
LINE開いて右下の・・・をタップした画面です。

f:id:htmllifehack:20170210212456j:plain f:id:htmllifehack:20170210212517j:plain
おすすめのサービスのところに出ているか、あるいは
その少し下にLINE appsという項目があるのでそこをタップすると出てくるはずです。

設定方法

僕がやった手順です。
まずAmazonでエントリーパッケージを購入
LINE mobile エントリーパッケージ

MNP予約番号を発行する
softbankに電話してMNP転出するための番号を発行してもらいます。
softbank端末から*5533にかけると繋がります。

LINE mobileに登録する
LINE mobileのページ右上から申し込み
このときamazonで購入したエントリーコードを入力する。
あとは手順に従ってSIMを発行してください。
LINEモバイル

SIMが届いたら
SIMのセットとAPN設定が必要です。
こちらに手順が載っています。
APN設定方法(iOS・iPhone) - LINEモバイル

開通まで
一応SIMが届いた翌々日の午後に自動で開通されるようです。
0120-889-279に電話すると即日開通させることができるようです。
受付時間が10:00〜19:00(年中無休)となっています。
僕はちょうど仕事で電話できなかったので自動で切り替わるのを待ちました。
17時過ぎに前のスマホが圏外になったので切り替わったんですが、新しいスマホも圏外のままでした。
こんなときはスマホを再起動するとちゃんと切り替わりますよ。

まとめ

どうでした。
LINE mobile はどんどん利用者が増えてきています。
そうなると速度も落ちてきちゃうので、もしかすると他のとあまり大差ないかもしれないです。
回線速度は場所と時間帯で違うので実際に自分でも速度を測ってみようと思います。